長崎みやげや、街を散策して名所をご紹介いたします。

松翁軒

文字サイズ:

松翁軒

カステラおぼえ

 カステラは1571年(元亀2年)ポルトガル人が長崎へ渡来し、住みついた時にスペインの王国カステイラのパンとして紹介され、製法が伝えられました。
長崎の人たちは、その国の名だけをとってカステラと呼びました。

 それ以来400年その母国カステイラは消滅しましたが、名前だけははるかな国日本に残りました。そして長崎の優れた菓子職人たちが研鑽をつむことによって、その味に磨きをかけてきたのです。


カステラの松翁軒(しょうおうけん)

 1681年(天和元年)に、初代山口屋貞助翁が本大工町(現在の魚の町)に店をかまえ、長崎が天下に誇る砂糖漬けやカステラをつくり始めました。
その後、累代菓子づくりひとすじに、その製法を保守し、原料の精選に努め、寛政の頃(1789~)に五代要次郎翁は砂糖漬けを改良し、六代幸次郎翁は甘菊を製作し、文久の頃(1861~)に七代熊吉翁は飾菓子の名手として名を知られました。

 また熊吉翁は長崎にいた国学者中島広足氏に需めて、屋号「松翁軒」の命名を受け、能面の翁を店印としました。

 明治に入って、八代貞次郎翁は、当時珍重されていたチョコレートに心を惹かれ祖先伝来のカステラにチョコレートの味を加えました。この斬新なカステラ菓子が現在復活したチョコラーテの前身となります。

 1900年(明治33年)八代貞次郎翁はパリの大博覧会にカステラを出品して名誉大銀牌を受賞、続いてセントルイスの万国大博覧会(1904年)では、名誉大金牌を受賞、これ以降内外の博覧会や共進会、品評会に出品して受賞した金牌は数えきれないほどです。


原料のこだわり 

こだわり

熟練の手業

かすてらの作り方



松翁軒300有余年の歴史の中で培われ伝えられてきたカステラづくりの技、それを正しく受け継ぎ、さらに新しい味を追求し続ける情熱は現代も変わらず、大量生産を一切せず、手作りひとすじにこだわり続ける老舗のカステラ・・・それをここでご紹介できることは、私どもにとっても大変光栄なことでございます。

松翁軒




カステラ0.6号





松翁軒 カステラ 0.6号 10切入 1188円 

ご注文数量 

原材料名:卵、砂糖、小麦粉、水飴
内容量 :350g
賞味期限:2週間
保存方法:直射日光・高温多湿を避け、常温・冷暗所に保存してください。開封後はお手数ですが、乾燥しないようにして冷蔵庫で保存の上、賞味期限にかかわらず、なるべくお早目にお召し上がり下さい。



カステラ1.0号





松翁軒 カステラ 1.0号 10切入 1890円 

ご注文数量 

原材料名:卵、砂糖、小麦粉、水飴
内容量 :580g
賞味期限:2週間
保存方法:直射日光・高温多湿を避け、常温・冷暗所に保存してください。開封後はお手数ですが、乾燥しないようにして冷蔵庫で保存の上、賞味期限にかかわらず、なるべくお早目にお召し上がり下さい。



















a:6773 t:1 y:3

powered by HAIK 7.1.1
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. HAIK

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional